絶対に読むべきだ!読書初心者におすすめのベストセラー本20選

この世には、読まなければいけない本が存在します。特に、本を読み始めたばかりの「読書初心者」は、絶対に読まなければいけないと私は考えています。

それは、ベストセラー本です。

「ん?ベストセラー本ってただ、売れているだけの本でしょ?」
「なんとなく内容知っているから読む必要は、ないかな…」

こう思っている人がいたら大間違いです。

ベストセラー本は、ただ売れているだけの本ではありません。
長く売れ続けているのには、それなりの理由があるんです。その理由がわからなければ、まだまだあなたは「読書赤ちゃん」ですよ。

そこで今回は、読書初心者だからこそ読むべきおすすめのベストセラー本を20冊紹介します。

どの本も、サクサク読める本ばかりで、読書初心者にはピッタリの本になっています。

そして、簡単に内容の解説も加えているので、読みながら気に入った本がありましたらポチっちゃってください。

絶対に読んで後悔しない本ばかりです!

それでは、参ります。

目次

なぜ読書初心者は、ベストセラー本を読んだ方がいいのか?

ベストセラー本は、読んで後悔しない

一度は、こんな経験ありませんか?

「買ってみたけど、この本全然面白くない…」
「読んだけど、後悔したな…」

せっかく必死に本を選んで、読んだのにめちゃくちゃもったいないですね。

本選びを間違えると、時間のムダですし、お金のムダになってしまうんですよ。

そんな「機会損失」「資金損失」を減らすためにも、ベストセラー本はおすすめです。

まず、ベストセラー本は、間違いなく面白いです。外すことはありません。

その理由は簡単、売れているからです。

おもしろいと思ったから、話題になるし、話題になると売れます。答えはシンプルなです。

だからこそ、読書初心者はまず先にベストセラー本を買って読むことから始めましょう。

他にも、あなたの周りの友達がおすすめしている本を買うのも外さないです!あなたの価値観と似ている人がおすすめしているのであれば、基本的に面白いからです。

以下で、読書初心者向けに本の選び方を解説しているので、ぜひクリックして読んでみてください。

みんな読んでいるから共通の話題になりやすい

他にも、ベストセラー本はみんな読んでいるから共通の話題になりやすいという理由があります。

ベストセラー本は、多くの人が読んでいるため、友人や仕事仲間と会話している時に

「そういえば、最近話題のあの本読んだ?」
「めちゃくちゃ、めちゃくちゃ面白かったよね!」

なんてことも、しばしば起こります。

そんなタイミングで、あなただけベストセラー本を読んでいなかったら、少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

そんな周りとの共通の話題に、置いてけぼりにならないためにベストセラー本は読んでいた方がいいでしょう。

普遍的な内容がつまっている

ベストセラー本は、あなたの人生を助けてくれる金言や考え方がつまっています。

なぜなら、ベストセラーということは、長く読み継がれているし、多くの人に影響を与えています。
人生にとって、普遍的な内容がつまっているからこそ、あなたの人生の英知になることは間違いなし。

実際に私も、ベストセラー本で考え方が変わり、人生を生きるのがラクになった経験が多々あります。

そんなあなたの人生を大きく変える本に出会うのは、早ければ早いほど良いです。

だからこそ、読書初心者にこそ、ベストセラー本をおすすめします。

読書初心者におすすめのベストセラー本20選

(1)ハリーポッターと賢者の石 J・K・ローリング

ハリーポッターシリーズは、さすがに知らない人いないですよね。あの魔法使いのお話です。

読書初心者の方には、映画化もされているため内容のイメージもつきやすいですし、ストーリーも面白いのでスラスラ読めちゃうのでおすすめです。

ファンタジーの要素が盛りだくさんなので、次の展開がどうなるんだろう。とワクワクしながら読める作品です。

間違いなく読まないと損をする一冊ですね。

(2)マスカレードホテル 東野圭吾

ミステリー作家といったら一番最初に出てくるのは、東野圭吾さんでしょう。数々のミステリー作品を世に出しており、私もほとんどの作品を読みました。

その中でもおすすめは、マスカレードホテルです。マスカレードホテルは、木村拓哉さん主演で映画化にもなりました。

木村さん演じる破天荒だけど人を見抜く天才刑事が殺人予告先のホテルに潜入捜査して犯人を見つけていくというストーリーです。

ホテルのお客様全員が容疑者という状況をどう乗り切るのか楽しみな作品です。

1ページめくるたびにハラハラドキドキするので、読書初心者にはピッタリの作品ですね。

(3)容疑者Xの献身 東野圭吾

こちらも東野圭吾さんの作品、ガリレオシリーズの容疑者Xの献身。

天才物理学者の湯川と天才数学者の石神が織りなす頭脳戦が、ハラハラドキドキさせます。

映画化もされており、東野圭吾作品だと有名な小説ではないでしょうか。TVガリレオシリーズが好きな人には、筆硯の作品です。

(4)コンビニ人間 村田沙耶香

人気テレビ番組「アメトーーーク」でも多くの芸人さんがおすすめしている村田沙耶香さんのコンビニ人間。

18年コンビニのバイトで働いている未婚の女性のお話で。 これまで彼氏なしの平凡な人生だったがある日、婚活目的の新入り男性がやってきて、 そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられます。

普通とは何のか?現代のリアルな生活を描きながら、深く考えさせられるテーマの小説です。

ぜひ一読をして欲しい作品です。

(5)騎士団長殺し 村上春樹

話題のベストセラー小説、村上春樹さんの騎士団長殺し。

肖像画家を主人公が、アトリエの屋根裏で『騎士団長殺し』というタイトルの日本画を発見します。中には仏具と思われる鈴が納められていて、日本画と石室・鈴を解放したことでイデアが顕れ、さまざまな事象が連鎖する不思議な出来事へと巻き込まれてゆくというストーリーです。

長編大作となっていて、読みづらそうに思えますがそんなことはありません。村上春樹さんのリズミカルな文章に気付いたら時間が過ぎています。

(6)日本国紀 百田尚樹

歴史的な物語を小説にするのがメインの百田尚樹さんの作品です。2000年以上にわたる日本を歴史をこの一冊に詰め込んだ作品です。

百田尚樹さんの考え方も色濃く残りながら、内容がギュッとつまっている作品です。

歴史的な内容が好きな人には、間違いなく失敗しない作品ですので、是非読んでみてください。

(7)教団X 中村文則

「アメトーーク!」の読書芸人でも紹介され、大反響を生んだ中村文則さんの教団Xという作品です。

アメリカのウォールストリートジャーナルにも認められた、世界で注目を集める作家の渾身の一冊です。

主人公の元から去った女性は、オカルト教団の中へ消えていくというストーリーで始まります。

神様とはなんなのか?運命とは何のか?を考えさせられる作品です。

性的な表現が多いので、性的な表現が苦手な人にはおすすめできません。

(8)下町ロケット 池井戸潤

TV化にもなり、話題を呼んだ池井戸潤さんの下町ロケット。

町工場と大企業が特許や技術で争っていくという作品です。サラリーマンが活躍していくその内容は、多くの人に共感や勇気を与えてくれます。

「金はないけど、夢はある」

そんな力なき、金なき者が夢を追って、困難に立ち向かっていく内容が手に汗を握り、心を熱くさせます。

ぜひ、読んで欲しい一冊です。

(9)7つの習慣 スティーブン・R・コービィー

全世界3,000万部、国内180万部を超えて、今も読み続けられるビジネス書のベストセラー『7つの習慣』です。

私も10回以上は読み返して、人生のバイブルとなっている本の1つです。

人生哲学の定番として親しまれてきました。

人生を豊かにするには、どうすればいいのか?人生の成功とは?

など普遍的な内容が書かれているので、あなたの血肉になること間違いなしです。
何も考えずに購入しても、後悔一切しない作品です。

(10)メモの魔力 前田裕二

株式会社SHOWROOMの前田裕二CEOの作品です。メモを書くことによって、あなたの人生はどんどん変わっていく、そんなメモの魔力に関して考察した作品になります。

幼少期の頃に親愛なる母をなくしてから、ずっと前田さんはメモをとることによって問題を解決してきました。

メモには、アイデアを作り出し、問題を解決し、あなたを行動させる魔力を持っています。

単なるビジネス書だと思って読んではいけません、これは論文でレベルです。

メモに関する効能や仕組みなどが構造的に、論理的に説明されています。

しかも、とても読みやすい作品になっているので、読書初心者も安心して読むことができます。

(11)多動力 堀江貴文

実業家のホリエモンが書いた本になります。

多動力とは、いくつもの異なることを同時に行うスキルのこと。

とにかくやりたいことをやる。自分の興味を持ったことに突き進む。飽きたらやめる。そんな感じで、子供のように好奇心に向かっていくことが大切。そんな現代を生き抜くためのビジネススキルについて書いてあります。

全てのビジネスパーソンにぜひ読んでいただきたいです。

(12)FACT FULNESS ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング


思い込みや本能がいかに、自身の情報を遮断しているのかがわかる本です。

世界の起こっている問題をクイズや図で説明してくれるので、テキストが苦手な人でも簡単に読むことができる一冊です。

FACT FULNESSを読むと、物事の見方が変わり、本当の答えを見つけることができるようになります。

世界の本当の姿を知りたい人なら、ぜひ読むべき一冊ですね。

(13)嫌われる勇気 岸見一郎 古賀史健

私の人生を変えたと言っても過言ではない最高の一冊になります。

人間関係に悩んでいたり、この先どうすればいいのだろう。と頭を抱えている人にはぴったりの本になります。

アドラー心理学をもとに、現代人の多くが悩んでいる人間関係に解決を糸口を示してくれる一冊です。

(14)幸せになる勇気 岸見一郎 古賀史健

こちらは続編の幸せになる勇気です。嫌われる勇気は読んで理解した、さぁこれからどうしよう。と考えている人にむけた作品です。

幸せになる勇気を読んでやっと嫌われる勇気シリーズが完結します。

哲人と青年の対話は、教育論に始まり、仕事論、組織論、社会論、人生論へと及び、最後には「真の自立」と「愛」というテーマに発展していきます。

誰もが幸せに生きるためにはどうするべきか?

この本に答えが書いてあります。

(15)人を動かす D・カーネギー

人生の軸になる自己啓発本の中でも、間違いなく読まないといけない本です。

人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに解説します。
人を動かすマネジメント術だけではなく、自分自身を突き動かすにはどうすればいいのか。

この本を読んだらあなたの行動が、180度変わることでしょう。

(16)サピエンス全史 ユヴァル・ノア・ハラリ

ビル・ゲイツ、ザッカーバーグ、サンデル教授も絶賛したこの名作。

天才考古学者のハラリ教授が描く、ホモ・サピエンスの歴史本です。

なぜ私たちホモサピエンスは、こうして地球に存在するのか?他の人種もいたはずなのに、どうやって生き残ったのか?

その真実がこの本には書いてあります。

私たちホモサピエンスの本当の力を知り、現代をどう歩んでいけば良いのかまで示してくれるそんな本です。

(17)ホモデウス ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史を読んだ人なら間違いなく読むべき一冊です。

サピエンス全史の未来編です。イスラエルの天才考古学者が描く、これからの衝撃の未来について書いてあります。

人間は。どうすれば良いのか。これからどんな現実が待ち受けているのか。

真実を知りたい人は、絶対に読むべき一冊です。

(18)夢をかなえるゾウ 水野敬也

200万部を突破したベストセラー本の夢をかなえるゾウ。

「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」この疑問に対する1つの解答を用意したのがこの本です。

成功したいあなたに、ヒントを与えてくれるそんな一冊です。

人生を変えようと思っているけど、なかなか変えられない主人公のもとに神様ガネーシャが現れます。
そのガネーシャは、主人公の家にニートとして住み着き、怠惰な生活をはじめます。

「成功するためにはどうしたらいいか?」「そもそも成功とは?」そんな真実にせまる作品です。
サラッと読めるので、読書初心者にはぴったりの作品です。

(19)スタンフォードの自分を変える教室 ケリー・マクゴニガル

ケリー・マクゴニガル(Kelly McGonigal, Ph.D.)ボストン大学で心理学とマスコミュニケーションを学び、スタンフォード大学で博士号(心理学)を取得している天才心理学者です。

そんなスタンフォード大学で教鞭を握っているケリー教授の超人気授業「自分をかえる教室」を書籍化した作品です。

明快な説得力と斬新な語り口と実践的な方法論に 「本当に人生を変える」「生涯で最も重要な一冊」 と絶賛が続き、全米ベストセラーの一冊です。
自分を変えたいと心の底から思っている人にぴったりの作品です。

(20)ユダヤ人大富豪の教え 本田健

成功したいなら、間違いなく読むべき本の1つです。
数多くのベストセラーを生み出してきた本田健さんの最高傑作ともいえる1冊です。

経営者、投資家、はたまた作家として成功を収めている本田健さんの根幹にいるユダヤ人大富豪のメンター(助言者)の存在について語っています。

学生時代に出会ったユダヤ人大富豪の考え方や生き方をわかりやすく解説している本です。
内容もストーリー仕立てになっており、サクサクとページをめくれる一冊ですので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、読書初心者におすすめのベストセラー本を紹介しました。

もう一度まとめてみると

MEMO

  • ハリーポッターと賢者の石 J・K・ローリング
  • マスカレードホテル 東野圭吾
  • 容疑者Xの献身 東野圭吾
  • コンビニ人間 村田沙耶香
  • 騎士団長殺し 村上春樹
  • 日本国紀 百田尚樹
  • 教団X 中村文則
  • 下町ロケット 池井戸潤
  • 7つの習慣 スティーブン・R・コービィー
  • メモの魔力 前田祐二
  • 多動力 堀江貴文
  • FACT FULLNESS ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング
  • 嫌われる勇気 岸見一郎,古賀史健
  • 幸せになる勇気 岸見一郎,古賀史健
  • 人を動かす D・カーネギー
  • サピエンス全史 ユヴァル・ノア・ハラリ
  • ホモデウス ユヴァル・ノア・ハラリ
  • 夢をかなえるゾウ 水野敬也
  • スタンフォードの自分を変える教室 ケリー・マクゴニガル
  • ユダヤ人大富豪の教え 本田健

こちらの20冊になります。
私は、この20冊全ての本を読みましたが、読んで後悔する本は一冊もないです。

そして、読書初心者ならこの本を抑えておけば間違いないという本を選んだつもりです。
だからこそ、自信を持ってあなたに紹介できます。

ベストセラー作品は、自分自身の知識・教養になる本ばかりで、読んでいてとてもワクワクします。
これから読書が苦手な人、嫌いな人を読書好きに変えられるようなコンテンツを発信していくので、どうぞ宜しくお願いします。

よかったらシェアしてね!

メディア運営者

Geki-Atsu.comで「読書」「おすすめの本」「情報収集」など本に関する情報を中心に書いています。本が苦手な人、本が嫌いな人が少しでも本を好きになってくれるようにコンテンツを制作しています。日本の読書離れを無くすために情熱を持ってコンテンツ作りに励んでいます。ぜひ、私の読書に対する熱いバイブス感じてください!

目次
閉じる